loading...

園のおもい

教育理念

「毎日の積み重ね」が
大きな成果となり
子どもを成長させると、
わたしたちは考えます

玉泉寺幼稚園では、「成果を見せるための教育」ではなく、「ひとりひとりの個性を見つけ、育てるための保育」を考えています。
年齢に応じた遊びや体験、さらには四季に合わせた行事を通して、
こどもたちが幼児期に身につけてほしい「しつけ」や自発性を身につけ、
父母や先生をはじめとする周りの人や物への感謝の心を育てることを大きな目標としています。
また、仏教の教えは子どもたちが成長するためのヒントになるよう、バランスよく取り入れています。

主な学年目標

幼稚園は子どもたちにとって、はじめて社会生活を学ぶ場所。成長するにあたって大事な心がまえや行動を、五領域(健康・人間関係・環境・言葉・表現)に沿った体験をしながら学んでいきます。
各クラスとも有資格の担任が受け持ち、行事など必要に応じて教員資格を有する複数の職員が、万全の体制で子どもたちの保育にあたります。

年少(3歳児)

  1. 基本的な生活習慣をつける
    (手洗い・排泄・食事・衣服の脱ぎ着 など)
  2. 人の話を聞く態度を身につける
  3. 園での生活を楽しめるようになる

年中(4歳児)

  1. 人の話をよく聞いて行動する習慣を身につける
  2. 身の周りのことを自信を持ってできるようになる
    (生活習慣・整理整頓 など)
  3. ルールのある遊びを理解する

年長(5歳児)

  1. 基本的な集団行動ができる
  2. 年下の子のお世話をする
  3. グループの中で発言したり、自分の考えをまとめられるようになる
  4. 数や文字への興味を持つ
TOP